ねがみ くみこ(Kumiko NEGAMI)紹介

2006年 東京芸術大学美術学部彫刻科 卒業
2008 東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻 修了

個展
2009 「スターだらけの」 Gallery MoMo/東京)
2010 「ザギンでシースーを」 CASHI/東京)
2011 「ロマンティックがとまらない」 UnsealContemporary/東京)
2011 「粋な男のワイルドライフ」  (cocoa leaf/東京)

グループ展
2006 「第2回アトリエの末裔あるいは未来」展  (上野桜木旧平櫛田中邸/東京)
2007 「第3回アトリエの末裔あるいは未来」展  (上野桜木旧平櫛田中邸/東京)
2009 「愛と笑いと涙を」 (CASHI /東京)
2013年 ねがみくみこ・渡辺里紗二人展「Naked Dress」(UnsealContemporary/東京)
2017年 「Current Traditions Contemporary Japanese Sculpture」 
(ソールズベリー大学アートギャラリー U.S.A.)
2018 「木学 XYLOLOGY 起源と起点」 (上野桜木旧平櫛田中邸/東京)

アートフェア
2010  ネオ・リアリズム -新たな時代の空気- /東京
2011  行商~ギャラリー・サーカス /東京
2012  NEW CITY ART FAIR /New York
2017  ART TAICHUNG 2017 台中藝術博覽會 /台中

上記以外にも多数展示参加

ねがみくみこの作品は一見とてもアクが強くウエットな印象に見え、可笑しみを含んでいます。
顔はいわゆるオジサンねがみにとってのオジサンとは、気になる、憧れの存在といいます。
それは決して好意とは違う気持ちのようですが、見る者にとっては目を離せない作品になります。
動物など様々な要素と合わせることによって、よりマイルド、そして時に刺激的に
オジサンの魅力を伝え続けているように思います。


○販売中の作品については、お気軽にお問合せください。