「北越雪譜」 雪男

"Hokuetsu Seppu" Yuki-Otoko

題名
「北越雪譜」 雪男
大きさ
4.2 × 3.7 × 2.9 cm
素材
価格
販売済
制作年
令和元(2019)年
管理番号
izm19052103
備考
作品解説
連作「江戸千部振舞」
見立て基の本:『北越雪譜(ほくえつせっぷ)』(1837年)鈴木牧之著。鈴木牧之は豪雪地帯である越後国魚沼の出身で、江戸へ来た際に江戸の人々が雪国の暮らしを全く知らないことに驚き雪国を知ってもらおう!との思いで描いた随筆。雪の結晶のスケッチや成分解説から、暖かい国との違い、名産品、雪国ならではの奇習や奇譚、山岳地方の方言などがイラストと共に生き生きと描かれています。
「雪男」書中の「異獣」という章に、山中に現れ旅人のおにぎりをねだり分けてもらうと、お礼に荷物を担いで道案内をしてくれる毛むくじゃらの異獣が紹介されています。(泉水)