「曽根崎心中」 夢の夢こそあはれなり

"Sonezaki Shinjū" Yume no Yumekoso Awarenari

題名
「曽根崎心中」 夢の夢こそあはれなり
大きさ
4.9 × 3.4 × 2.5 cm
素材
価格
販売済
制作年
令和元(2019)年
管理番号
izm19070606
備考
作品解説
連作「江戸千部振舞」
見立て基の本:『曽根崎心中』(1703年)近松門左衛門
近松作世話浄瑠璃の第一作で曽根崎天神で起きた醤油屋の真面目な手代・徳兵衛と天満屋の美しい遊女・お初との情死事件を扱ったもの、
「夢の夢こそあはれなり」。友人に金をだまし取られ、なす術なく死を覚悟した徳兵衛を人に見られぬ様、天満屋の縁の下に隠しつつ、足を使って「共に行きます」と心中の決意を伝える名シーン。*心中する前に食べられちゃうんじゃないかって心配はしないでください。(泉水)