「雨月物語」 夢応の鯉魚 水に遊ぶ

"Ugetsu Monogatari" Muō no Rigyo Mizu ni Asobu

題名
「雨月物語」 夢応の鯉魚 水に遊ぶ
大きさ
4.4 × 3.3 × 1.6 cm
素材
価格
販売済
制作年
令和元(2019)年
管理番号
izm19070607
備考
作品解説
連作「江戸千部振舞」
見立て基の本:『雨月物語』( 1776年)上田秋成。9話から成る、和漢の作品を典拠とした怪異小説集。思想や倫理観を乗越えて、純朴な人間像を描く。
「夢応の鯉魚 水に遊ぶ」9話のうちの『夢応の鯉魚』は鯉の絵を描く事に達者であった僧、興義が、病に伏す折、琵琶湖に向かい金色の鯉に変身し自由に泳ぎ遊ぶ夢を見る。琵琶湖の遊泳場面を太宰治、三島由紀夫は絶賛しており、後に太宰は『魚服記』を書く。『夢応の鯉魚』の主人公は一度魚になる自由を得るが、人間に戻ることを願い、『魚服記』の主人公は魚になることで解放される。自由とは何か?(泉水)