※画像をクリックすると拡大表示します。

かまいたち窮奇

大きさ:4.8 × 4.7 × 2.1 cm
素材:黄楊 象嵌:ヘゴ
制作年:令和2(2020)年
価格:Sold

作家による作品解説(紫苑)
鳥山石燕の「画図百鬼夜行」の「窮奇 かまいたち」の絵をなるべくそのままに彫ってみました。なので題も石燕の「窮奇」という文字を使わせて頂きました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

あかした赤舌

大きさ:5.1 × 4.3 × 4.3 cm
素材:黄楊 象嵌:ヘゴ
制作年:令和2(2020)年
価格:418,000円(税込)

作家による作品解説(紫苑)
「赤舌」あるいは「赤口」という妖怪。石燕の絵にもあるよう「赤舌」は顔と三本の鉤爪以外黒雲におおわれて実体が分かりません。ある本に津軽に出現したという言い伝えがある。とのことです。干ばつの年、用水路の上流にある村人たちが水を独占しようと水門を閉めたが、何度やっても夜の間に水門が開いてしまうということがあった。赤舌が下流の村人のために、密かに水門を開けていたからだという…

紫苑 略歴

紫苑 SHION
三重県出身。2004年中川忠峰氏の工房に通い、根付制作をはじめる。
根付彫刻・篆刻・フィギュア制作・貴金属加工・ワックス原型など幅広く制作。
伊勢という根付伝統の土地で農業をしながら、制作活動をしている。
特に植物をモチーフとした静物的な根付彫刻は、この作者ならではの魅力が宿る。小動物の題材も得意で「ヤマネ」の根付をライフワークとしている。

ページのトップへ戻る